(不妊症のリスクも考えられる)クラミジアの症状と原因

クラミジアは悪化すると妊活にまで影響を及ぼす恐ろしい病気です。放置しておくとますます悪化してしまいますので、早めに治療することが大切です。

もともとは目の病気でした

原因となる菌はクラミジアトラコマチスと呼ばれるもので、汚染された水によって感染してしまうものでした。しかし、日本では水道が整備され、常にきれいな水で生活できるようになったため、この菌を要因とした目の病気は自然となくなっていったようです。

しかし、男女の性器にはいまだに住み着いている菌で、性感染症の中ではトップクラスの発症率になっています。

粘膜の同士の接触が主な原因

口や性器が直接触れ合うことで感染します。そのため、オーラルセックスだからといって安心はできず、性器からのどに菌が移ってしまうことがあります。コンドームを使っていたとしても、正しく使えていないために感染してしまう方も多いようです。

コップの回し飲みやトイレの便座、風呂などで感染するケースはあまりないと言われていますが、性器からの分泌物が目に入ることで結膜炎を起こすことがあるようです。

特に女性は注意したい病気です

男性に比べて症状が乏しいため、自覚するまで時間がかかることが多いと言われています。検査をしなければ感染していることにも気付かず、何年も放置してしまうということも。淋病とくらべて排尿痛が少なく、初期症状は軽い尿道の痒みや不快感、オリモノが少し増える、セックスの後に軽い出血がある程度と言われています。

しかし、原因菌が子宮内膜から卵管、腹腔内と広がってしまうと、激しい腹痛で救急車に運ばれる事態になったり、卵管が炎症することで不妊症や子宮外妊娠になってしまうこともあるようです。このようなことを避けるためにも、違和感を感じたらすぐに検査キットを使って確かめると良いでしょう。

初期症状が少なく気付きにくいにも関わらず、重症になると救急車に運ばれたり出産にも大きな影響を与えてしまう病気、それがクラミジアです。発症に気付いた際は、すぐに病院に行って治療を行う、クラビットを飲んで改善するなどの対処をしていきましょう。

(病院の治療は高額)軽度のクラビットは自宅でケアする

治療すべき性病の1つとして挙げられるクラミジア。軽度のものなら病院に行かずに自宅で治療してしまいましょう。

病院での治療は何かと不便です

クラミジアの治療薬や検査キットはドラッグストアでは販売されていません。そのため、ネット通販以外の方法ならば病院に行って対応する必要があります。

検査を行う際は1度で済みますが、検査項目によって費用がまちまちです。少ないものだと数千円で済みますが、多いものになると1~2万円はかかるようです。

一方で、治療を行う際は何度か通う必要があります。軽度のものなら4~5回ほど、保険が適用されるため価格は7,000円~10,000円になります。ただし、あくまでこれは初期のうちに対応できた場合です。放置してしまうとさらにコストがかかり、最悪の場合入院が必要なこともあります。

病院は基本的に昼間に開いているものですから、仕事の都合でなかなか行けない方もいるでしょう。そうすると症状はますます悪化してしまいます。また、治療の際には医師に自分の性器を見せなければならないため、抵抗を感じる方は多いはずです。

インターネットを活用しましょう

ネット通販を利用すると、かなり安い価格で改善が行えます。保険が適用されませんが、クラビットは50錠で3000円を切るため病院で処方してもらう場合よりも若干安くなるほどです。

何よりのメリットは気軽に行えるということ。病院に行く都合がつかないという方も、医師に性器を見せることにためらいがあるという方も、自宅で医薬品を飲むだけで簡単に続けていけます。放置して重度の症状になってしまった場合は病院に行った方が良いでしょうが、軽度のものならばわざわざ病院に行かずにネット通販を利用してしまうことをオススメします。

病院におけるクラミジアの治療は、コストが高い、時間の都合を付けにくい、性器を見せることに抵抗があるなどたくさんの問題があります。クラビットを使えばこれらの悩みはスッキリ解消し、健康的な性生活を取り戻せること間違いなしです。

(短期間の改善がコツ)クラビットの賢い使い方

クラビット飲み方には一工夫が必要です。「一気にまとめて飲む」ことが効果を最大限に発揮させるコツになると言われています。

1日1回、食後の服用が原則です

250mg錠や500mg錠など、いくつかの種類がありますが、どれも食後の服用が原則とされています。性器クラミジアについては、一般的に500mg錠を1日1回を飲むことで14日間ほどで改善すると言われています。

クラビットがカテゴライズされるニューキノロン系の抗菌薬の効果は、何度も使うと耐性がついてしまうと言われています。そのため、1日の複数回分割して飲むのではなく、1度で一気に摂取しましょう。

医薬品は他の薬との飲み合わせによって、効き目が妨げられたり、身体に悪影響を及ぼしたりすることがあります。クラビットについては、一部の鎮痛剤、アルミニウムやマグネシウムを含む胃腸薬との相性が悪いとされています。どうしても併用しなければならない時は、2時間以上の間隔をあけてから飲むようにしましょう。

副作用を起こした時はすぐに使用を止めましょう

クラビットは他と比べて少ない方とされていますが、医薬品である以上ゼロではありません。健康的な身体を維持するためにも、用法用量を守って正しく使いましょう。代表的なものとして発疹や下痢が挙げられます。

他にも、人によっては光線過敏症を起こすことがあります。日光に当たった皮膚が赤くなったり、ひどいときは水ぶくれができたりするものです。肌が弱い方や長期にわたって服用する方は、外出時に帽子をかぶるなどして日光から身体を守る対応をとってください。
きわめてまれと言われていますが、けいれんや低血糖、不整脈などの重い症状を起こすことも。薬の排泄が遅れがちな高齢の方や腎臓が悪い方は、とくに注意が必要とされています。

クラビットは身体の耐性の理由から、1度に必要分をまとめて服用する必要があります。副作用は少なめと言われていますが、ごくまれに重い症状を起こしてしまうこともあるようです。用法用量をしっかりと守るとともに、何か身体に異常があった時はすぐに使用を止め、医者に相談することを心がけましょう。

(事前準備がミソ)ネット通販を使ったクラビットの入手法

インターネットを活用してクラビットを入手しましょう。人によっては、今すぐにでも購入した方が吉となるかもしれません。

購入は大手の販売サイトから購入しよう

日本では認可されていない医薬品のため、病院やドラッグストアでは入手できません。そのため、ネット通販を利用して買う必要があります。インターネットではクラビット以外の製品もたくさん販売されています。それぞえ飲み方や細かい作用が異なりますので、自分にマッチしたものをチョイスすると良いでしょう。

その際に注意したいことが、個人輸入の危険性です。自分で海外から輸入することは難しいため、代行業者に依頼することができます。しかし、中には粗悪品・偽造品を売りつけてくるような詐欺もあるようです。

販売後はすぐにサイトを閉設してしまうため、支払った金額は戻ってきませんし、希望の商品も手に入りません。さらにひどい時は、購入の際に使用した個人情報が流出してしまうことも。そのようなサイトは、価格が異常に安い、クレジットカード払いに対応していないなどの特徴があるので、必ず避けるようにしましょう。

商品を購入する際は、大手の販売サイトを頼るようにしましょう。ホームページの名前を検索することで、そこの評判がわかります。より多くのユーザーが利用しているサイトなら、安心して利用できるはずです。

使いたい時にすぐ使うためにあらかじめ購入しておきましょう

ネット通販で気を付けたいことのもう1つが発送の時間です。海外から取り寄せるため、注文から自宅に届くまでに1週間以上かかってしまいます。クラミジアを始めとする感染症は、放置しておくと症状が悪化してしまいます。できることなら、症状が出る前にあらかじめ購入しておきたいところです。

決まった相手としかセックスをしない方ならばそれは難しいでしょうが、例えばよく風俗に遊びに行くという男性であれば、ひとまず1シートは用意しておきましょう

クラビットをネット通販で買う時は、大手の販売サイトを利用しましょう。あらかじめ準備しておけば、パートナーとセックスする時も、風俗で遊ぶ時もより安心して楽しめるはずです。

クラミジアの予防はパートナーと行いましょう

命に関わりはしないものの、大きな不快感を及ぼすクラミジア。パートナーとの仲を保つためにも、何より感染を防ぐことが大切です。

セックスの時はコンドームを使用しましょう

生で行った場合、クラミジアの感染率は50%と言われています。とても高い確率ですので、お互いに性病をもっているかが分からない時は必ず使うようにしましょう。正しい使い方がされていないために性病になったり、避妊に失敗したりする男性がたくさんいるようです。マニュアルはよく読み、適切な使用を心がけましょう。

性器を傷つけないようにしましょう

傷口から菌が感染してしまうことがあります。特に爪は性器を傷つけてしまう一番の原因です。短く切り、よく洗って清潔な状態を心がけましょう。同様の理由で、生理中もセックスを控えた方が良いとされています。

お互いにパートナーの性器を確認しましょう

異変がないか直接確かめることは大切です。クラミジア自体は症状が表にでにくいために判断しにくいですが、他の性病も一緒に感染していることが多く、その症状から判断できます。臭いや膿、ただれているところがないかなどの異変を調べるようにしましょう。

使用したタオルを共用しない

セックスよりは感染の可能性は低いですが、お風呂に使用したタオルによって症状を引き起こすことが考えられるようです。個人で専用のものを持ち、使用後はよく洗濯するようにしましょう。

パートナーが変わったら検査をおこなう

万が一恋人と別れた場合は、しっかりと性病の検査を行ってもらいましょう。「真面目な人だから」と油断してはいけません。過去の相手から感染してしまっている可能性もあります。信頼関係を脅かすトラブルにもなりますので、欠かさず行いましょう。

風俗に行かないようにしましょう

たくさんの男女がセックスをする場です。場所によっては風俗嬢にしっかりとした検査、衛生管理を行っているところもありますが、感染の可能性が遙かに高くなることは間違いありません。

クラミジアの予防は簡単なことを積み重ねるだけでできます。万が一発症してしまった時は、すぐにクラビットを服用するなどの処置をしましょう。