(短期間の改善がコツ)クラビットの賢い使い方

Pocket

クラビット飲み方には一工夫が必要です。「一気にまとめて飲む」ことが効果を最大限に発揮させるコツになると言われています。

1日1回、食後の服用が原則です

250mg錠や500mg錠など、いくつかの種類がありますが、どれも食後の服用が原則とされています。性器クラミジアについては、一般的に500mg錠を1日1回を飲むことで14日間ほどで改善すると言われています。

クラビットがカテゴライズされるニューキノロン系の抗菌薬の効果は、何度も使うと耐性がついてしまうと言われています。そのため、1日の複数回分割して飲むのではなく、1度で一気に摂取しましょう。

医薬品は他の薬との飲み合わせによって、効き目が妨げられたり、身体に悪影響を及ぼしたりすることがあります。クラビットについては、一部の鎮痛剤、アルミニウムやマグネシウムを含む胃腸薬との相性が悪いとされています。どうしても併用しなければならない時は、2時間以上の間隔をあけてから飲むようにしましょう。

副作用を起こした時はすぐに使用を止めましょう

クラビットは他と比べて少ない方とされていますが、医薬品である以上ゼロではありません。健康的な身体を維持するためにも、用法用量を守って正しく使いましょう。代表的なものとして発疹や下痢が挙げられます。

他にも、人によっては光線過敏症を起こすことがあります。日光に当たった皮膚が赤くなったり、ひどいときは水ぶくれができたりするものです。肌が弱い方や長期にわたって服用する方は、外出時に帽子をかぶるなどして日光から身体を守る対応をとってください。
きわめてまれと言われていますが、けいれんや低血糖、不整脈などの重い症状を起こすことも。薬の排泄が遅れがちな高齢の方や腎臓が悪い方は、とくに注意が必要とされています。

クラビットは身体の耐性の理由から、1度に必要分をまとめて服用する必要があります。副作用は少なめと言われていますが、ごくまれに重い症状を起こしてしまうこともあるようです。用法用量をしっかりと守るとともに、何か身体に異常があった時はすぐに使用を止め、医者に相談することを心がけましょう。

Pocket