(不妊症のリスクも考えられる)クラミジアの症状と原因

Pocket

クラミジアは悪化すると妊活にまで影響を及ぼす恐ろしい病気です。放置しておくとますます悪化してしまいますので、早めに治療することが大切です。

もともとは目の病気でした

原因となる菌はクラミジアトラコマチスと呼ばれるもので、汚染された水によって感染してしまうものでした。しかし、日本では水道が整備され、常にきれいな水で生活できるようになったため、この菌を要因とした目の病気は自然となくなっていったようです。

しかし、男女の性器にはいまだに住み着いている菌で、性感染症の中ではトップクラスの発症率になっています。

粘膜の同士の接触が主な原因

口や性器が直接触れ合うことで感染します。そのため、オーラルセックスだからといって安心はできず、性器からのどに菌が移ってしまうことがあります。コンドームを使っていたとしても、正しく使えていないために感染してしまう方も多いようです。

コップの回し飲みやトイレの便座、風呂などで感染するケースはあまりないと言われていますが、性器からの分泌物が目に入ることで結膜炎を起こすことがあるようです。

特に女性は注意したい病気です

男性に比べて症状が乏しいため、自覚するまで時間がかかることが多いと言われています。検査をしなければ感染していることにも気付かず、何年も放置してしまうということも。淋病とくらべて排尿痛が少なく、初期症状は軽い尿道の痒みや不快感、オリモノが少し増える、セックスの後に軽い出血がある程度と言われています。

しかし、原因菌が子宮内膜から卵管、腹腔内と広がってしまうと、激しい腹痛で救急車に運ばれる事態になったり、卵管が炎症することで不妊症や子宮外妊娠になってしまうこともあるようです。このようなことを避けるためにも、違和感を感じたらすぐに検査キットを使って確かめると良いでしょう。

初期症状が少なく気付きにくいにも関わらず、重症になると救急車に運ばれたり出産にも大きな影響を与えてしまう病気、それがクラミジアです。発症に気付いた際は、すぐに病院に行って治療を行う、クラビットを飲んで改善するなどの対処をしていきましょう。

Pocket